二人の生い立ちを紹介

構成をしっかり組む事が大事

カメラ

結婚式で人気のある演出がプロフィールムービーです。プロフィールムービーとは二人の生い立ちを映像で見せるものです。新郎か新婦のどちらかしか知らないゲストには、相手のことを紹介する手間が省けます。また知っている新郎もしくは新婦の小さい頃を見ることができるのも楽しいものなので盛り上がります。プロフィールムービーは業者に作ってもらう場合と、自分で作る場合があります。業者に依頼するメリットは、クオリティが高い仕上がりになること、写真やメッセージなどを考えるだけで作業的な手間はかからないことなどです。そのかわりある程度のお金はかかります。自分で作るメリットは、お金が安いこと、自分の思い通りのムービーにできることです。ただ作業に不慣れな人が作るとかなりの時間がかかるおそれもあり、素人に近い場合イメージ通りにできないこともあります。どちらを選ぶにしても、一長一短あるのですが、最近ではプロフィールムービー専用の作成ソフトも増えてきているため、素人でもある程度は作成可能になってきました。そのため、選ぶポイントとしては時間があるかどうかと、お金をかけてもいいかという二点に集約されます。時間的には、長くても10分程度がよいとされています。長過ぎてもだれてしまいますし、短いと内容がわからないことがあります。5〜8分程度が目安です。イントロ、新郎の生い立ち、新婦の生い立ち、二人のなれそめという順序で進めるときれいにまとまります。

おもてなしの一つ

カメラ

結婚式の際に、プロフィールムービーを流すのが最近の定番です。プロフィールムービーは、当日の招待客に、自分達のことをより知ってもらうきっかけにもなりますし、来てもらったことへの感謝や、楽しんでもらいたいといったことを伝える手段にもなります。写真を持ち込み、コメントだけ考えれば、あとは式場で作ってくれるというサービスもありますが、こだわりたい人は手作りしてしまうのもおすすめです。式場に頼むよりも、多くの写真やコメントを入れることが可能になる場合が多く、見ている人にも、見応えのあるプロフィールムービーにすることができるでしょう。ただ、自分達で作る場合、オリジナリティに走るばかりに、見ている人がついていけなくなってしまうような内容になりがちなので注意が必要です。プロフィールムービーは、招待客に自分達のことを紹介する動画です。あくまでも招待客へのおもてなしであることを、忘れないようにしましょう。プロフィールムービーは、当日の招待客の楽しみでもあるので、仲の良い、気心知れた第三者に事前に見てもらい意見を聞く、といったこともなかなかできないものです。そのため、作りながら自分自身がきちんと「見ている人の立場」になって内容を確認しないと、自分よがりなプロフィールムービーが出来上がってしまうので注意しましょう。また、式場の機材との相性などの問題もあるため、ギリギリまで作り込んで、当日持ち込むというのはリスクが高いのでやめた方がいいでしょう。音や映像がきちんと流れるか、リハーサルの時などに一度確認しておけると安心です。自分でプロフィールムービーを作る自信がない人や時間がない人は、専門業者を利用しましょう。どんなムービーに仕上げてくれるかわかるサンプル動画もあるので、仕上がりが不安な場合は事前に確認しておきます。

費用の相場を調べる

カメラ

結婚式では新郎新婦のプロフィールムービーが流れることがあります。最近は主流となってきており、自作する新郎新婦も居ます。もしくは友人に頼んで制作することもあります。しかし、しっかりとしたものを制作するのなら、断然、専門業者に頼んだ方がお得です。プロフィールムービー制作の業者を探してみましょう。もちろん、たくさんあるので、費用や評判などから比較検討することをお勧めします。料金体系は業者のホームページに掲載されているはずです。全体的に、結婚式用のプロフィールムービーというと費用は3万円前後となっています。ただ出席者に紹介するだけのものなので、分数も長いものではありません。長く内容の濃いものにするのなら、その分、費用がかかってしまいます。3万円前後を目安として業者を選びましょう。また、プロフィールムービーを業者に頼む場合、いろいろと希望を取り入れることができます。もちろん、結婚式で使うからこそ、要望をきちんと取り入れてもらえないのは困るので、評判のいい業者を選択しましょう。一方、自主制作という形にするのなら、友人などを巻き込んでしまった方が楽です。映画制作に関わっている人や、大学のサークルで映画制作をしていた人などが居ると作りやすくて便利です。機材などを借りる費用がかかるので、その点を考えると、費用は業者に頼むよりもかかってしまうことがあります。手間もかかることから、一般的には業者に頼んだ方がお得です。

二人の生い立ちを紹介

カメラ

プロフィールムービーは結婚式でも人気の演出です。業者に依頼するのと自作するのとではそれぞれ一長一短ありますが、手間をかけられるかやお金をかけられるかが大きなポイントになります。時間は5〜8分が目安で、長すぎないよう注意しなければなりません。

もっと読む

代行サービスを利用しよう

お花

結婚式の二次会の幹事はやらなければいけない事が沢山あります。日々の生活を送りながら準備の時間を確保する事は大変です。そんな結婚式の二次会は幹事代行サービスを利用すると便利です。幹事代行サービスの利用で滞りなく二次会を進めましょう。

もっと読む

費用を抑えて製作

ビデオカメラ

結婚式でムービーは人気の演出ですが、自分で作る方法と業者に依頼する方法があります。会場を通すと高くなるので、フリーの業者の方がおすすめです。デモムービーやサイトの雰囲気、納期などを確認して選ぶとよいでしょう。

もっと読む